Sat, Nov 28 | 玉川

Next 10,000-year Lab~次の1万年を創る森のラボラトリー~

【人類10,000年の都、縄文の首都、八ヶ岳・諏訪圏】SDGsが戻したい目標にする産業革命は高々150-200年前、京都・奈良は1,000年の都、世界四大文明は4-5,000年前、そのはるか昔の縄文の時代、地球上で最も大きな陸と最も大きな海の境界の地、日本に、寺院の塔の如く4つのプレートの結節点、東西日本列島が誕生する糸魚川ー静岡構造線のど真ん中、20万年前富士山より高く聳える八ヶ岳・諏訪圏は、平和で豊かな桃源郷が持続していた縄文の10,000年の首都だった。不死循環の象徴の常緑もみの木「御柱」。その地を心身で感じて創るラボで、一年の一人一人の柱、家族や会社の柱、日本の柱、地球の柱を共創する。

日時・場所

Nov 28, 3:00 PM GMT+9 – Nov 29, 3:00 PM GMT+9
玉川, 日本、〒391-0011 長野県茅野市玉川

イベントについて

このイベントをシェア

+81-(0)70-2806-3924

〒107-0062 東京都港区南青山3丁目5−2

©2019 by SDGs Innovation HUB projects. Proudly created with CePiC, Common earth Park international Community.