7月15日(木) | 港区

【2021.7.15】『PRでつくる新しい公共』~デジタル時代の政策形成~

パブリックリレーションズ PR (Public Relations)が本来、民主主義や資本主義における選挙はじめ政策形成における公共Public x創造Creationに果たす役割に基づき、次の十年百年の世界共通目標SDGsを超え、世界史上文明も変化する千年、日本史上縄文万年の叡智に基づく次の一万年サステナブルなデジタル社会の公共x創造、政策形成を議論します。 「PR支援:ミレニアル世代をリードするプPR集団」オール・ニッポン・レノベーション代表理事の富樫 泰良氏、ボトムアップの政策形成・政治DXを進める#横浜STARTUP副代表の柿崎 充氏、TENGAマーケティング部長の西野 芙美氏登壇!
お申し込みの受付は終了しました。
【2021.7.15】『PRでつくる新しい公共』~デジタル時代の政策形成~

日時・場所

7月15日 17:00
港区, 日本、〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目17−1

イベントについて

ANR & CePiC NTMprojects present Thursday Gathering【木曜講】

PR (Public Relations) でつくる新しい公共 ~デジタル社会の政策形成

~パブクリPR(SDG17)2021.7.15~

■ 日時場所 / Date & Time

2021年7月15日(木)17~18時

CIC Tokyo at 東京都港区 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 15階

■ 参加申込 / Participation & Application

上記でのリアル参加のためには、本サイトから、

リアル参加が無理でWeb参加の場合、下記CIC TokyoのVCTサイトよりお申込みください。

https://calendar.time.ly/eximz1s6/event/66987426/20210715170000

■ 木曜講 タイトル/ Title

PR (Public Relations) でつくる新しい公共 ~デジタル社会の政策形成

/ Creating a New Public through PR (Public Relations): Policy Formation in a Digital Society

■ 主催 / Organizer

主催:オール・ニッポン・レノベーション / ALL NIPPON RENNOVATION ( https://www.all-nippon.org/ )

共催:セピック / Common earth Park international Community, CePiC ( https://www.cepic.earth/ )

次の一万年プロジェクト / Next Ten Millennia projects ( https://www.cepic.earth/nexttenmillennia-projects )

■ 内容/ Description

パブリックリレーションズ※、PR(Public Relations)が本来、民主主義や資本主義における選挙はじめ政策形成における公共Public x創造Creationに果たす役割に基づき、次の十年百年の世界共通目標であるSDGsを超え、世界史上文明も変化する千年、日本史上縄文万年の叡智に基づく次の一万年サステナブルなデジタル社会の公共x創造、政策形成を議論します。

「PR支援:ミレニアル世代をリードするプPR集団」である一般社団法人 オール・ニッポン・レノベーションを生徒・学生時代に立上げ代表理事を務める富樫 泰良(とがし たいら)氏を講師に、ボトムアップの政策形成・政治DXを進める#横浜STARTUP副代表の柿崎 充(かきざき まこと)氏、株式会社TENGA マーケティング本部 国内マーケティング部 部長の西野 芙美(にしの ふみ)氏という、デジタル社会x政策・生活形成の第一人者をパネリストに、次の一万年プロジェクトを進める一般社団法人CePiCメンター共同代表の御友 重希(みとも しげき)氏がモデレーターとして議論を進め、その成果を同プロジェクトで宣言にまとめていきます。

※パブリックリレーションズ(PR, Public Relations)は20世紀初頭からアメリカで発展した、組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団・社会)との望ましい関係をつくり出すための考え方および行動のあり方である。日本には第2次世界大戦後の1940年代後半、米国から導入され、行政では「広報」と訳されたのに対し、民間企業では「PR(ピーアール)」という略語が使われてきた。しかしその後「PR」は「宣伝」とほとんど同じ意味で使われるようになり、本来持っていた意味から離れてしまった。そのため多くの組織では、その職務を「広報」と呼ぶことが多くなっている。SDGs時代の今、PRの「組織と社会あるいは公衆(Public)とのよい関係づくり」という本来の意味が見直され、世界や日本のデジタル社会x政策形成や公共x創造に果たす役割が注目されてきている。

/ Based on the role that public relations* and PR (Public Relations) essentially play in public x-creation in elections and policy formation in democracy and capitalism, we will discuss public x-creation and policy formation for the next 10,000 years of sustainable digital society based on the wisdom of 10,000 years of Jomon Era in Japan's history, beyond the SDGs, which are the common global goals for the next decade and century. In this session, we will discuss public x creation and policy formation for the Next Ten Millennia of sustainable digital society based on the wisdom of the Jomon period in Japanese history.

Mr. Taira Togashi, who founded All Nippon Renovation Inc. as a student and is the president of the organization, "PR Support: A PR Group Leading the Millennial Generation," will be the lecturer. Panelists include leading experts in digital society x policy formation: Mr. Makoto Kakizaki of #Yokohama STARTUP Vice President, who is promoting bottom-up policy formation and election DX. Ms Fumi Nishino, General Manager, Domestic Marketing Department, Marketing Division, TENGA Corporation. Mr. Shigeki Mitomo, Co-Chairman of CePiC Mentor, a general incorporated association that is promoting the Next Ten Millennia project, will moderate the discussion. Mr. Shigeki Mitomo, Co-Chairman of CePiC Mentor, will moderate the discussion, and the results will be compiled into a declaration by the project.

*Public Relations (PR, Public Relations) is a way of thinking and acting to create a desirable relationship between an organization and the people (individuals, groups, society) that surround the organization, developed in the United States since the early 20th century. It was introduced to Japan from the U.S. in the late 1940s after World War II, and was translated as "public relations" by the government, while the abbreviation "PR" was used by private companies. However, "PR" has since come to mean almost the same thing as "publicity" and has drifted away from its original meaning. In the age of the SDGs, PR's original meaning of "building a good relationship between an organization and society or the public" is being reconsidered, and its role in policy formation and public x creation in the digital society x in the world and Japan is attracting attention. The role of digital society x policy making and public x creation in the world and Japan is attracting attention.

■ 講師 / Guest Speaker

富樫 泰良(とがし たいら)(オール・ニッポン・レノベーション代表理事。)

/ Yasuyoshi Togashi (President of All Nippon Renovation)

富樫 泰良

オール・ニッポン・レノベーション代表理事。外房経済新聞編集長。一般財団法人五倫文庫理事。NGO野毛坂グローカル理事、日本若者協議会初代代表理事。

若者と政治の世界のパイオニア。1300人の会員を抱える中高生主体の国際ボランティアネットワーククラブワールドピースジャパンを12歳の時に発足。史上初、現役学生でNHK「日曜討論」に出演。NHK首都圏スペシャル、TBS報道特集等で特集。スタジオ出演では他にもNHK「あさイチ」やBSフジ「プライムニュース」など多数。著書に、自民党・公明党・維新の党・大阪維新の会・共産党の国会議員と出版した「ボクらのキボウ、政治のリアル」。2016年参議院議員選挙において公明党重点政策「若者担当大臣・これに変わる部局の設置等」「若者議会の推進」の提案者。一般財団法人五倫文庫理事。NGO野毛坂グローカル理事、日本若者協議会初代代表理事。オール・ニッポン・レノベーションでは企画・政策立案のディレクション担当。https://www.all-nippon.org/about 

/ Yasuyoshi Togashi(Representative Director of All Nippon Renovation. He is also the editor-in-chief of Sotobo Keizai Shimbun. A pioneer in the world of youth and politics.)

A pioneer in the world of youth and politics, he started World Peace Japan, an international volunteer network club for junior and senior high school students with 1,300 members, when he was 12 years old. She was the first active student to appear on NHK's "Sunday Debate," and has been featured in NHK's Metropolitan Area Special and TBS News Special. Other studio appearances include NHK's "Asaichi" and BS Fuji's "Prime News". He is the author of Bokura no Kibou, Seiji no Real (Bokura no Kibou, Political Reality), published with Diet members from the Liberal Democratic Party, New Komeito, Restoration Party, Osaka Restoration Association, and Communist Party. He is also a director of the general incorporated foundation Gorin Bunko, a director of the NGO Nogesaka Glocal, and the first representative director of the Japan Youth Council. He is in charge of the direction of planning and policy making for All Nippon Renovation. See https://www.all-nippon.org/about 

■ 講師 / Guest Speaker

柿崎 充(かきざき まこと)(#横浜STARTUP副代表。Sansan株式会社 デジタル戦略統括室 室長。一般社団法人CDO Club Japan 事務局マネージャー)

/ Makoto Kakizaki (#Yokohama STARTUP Vice President. General Manager, Digital Strategy Office, Sansan Co. (General Manager, CDO Club Japan Secretariat)

柿崎 充

#横浜STARTUP副代表 Sansan株式会社 デジタル戦略統括室 室長

一般社団法人CDO Club Japan 事務局マネージャー

慶應義塾大学在学中の2000年に共同創業メンバーとして起業に参画、その後2003年に自ら経営者として起業し中国瀋陽にも進出。2006年外資系コンサルティングファームのプライスウォーターハウスクーパース(旧ベリングポイント)入社。グローバル経営戦略やグループ経営管理態勢の調査・立案、金融機関のシステム・セキュリティ監査、内部統制強化支援、IR・統合報告支援などに幅広く従事。2013年よりSansanに入社し、2016年6月より現職。2018年より一般社団法人CDO Club Japanにも参画し、日本およびグローバルでデジタルトランスフォーメーションに関する調査・支援に取り組んでいる。

/ Mitsuru Kakizaki (#Yokohama STARTUP Vice President, General Manager, Digital Strategy Office, Sansan Co. General Manager, CDO Club Japan Secretariat )

Mr. Kakizaki joined PricewaterhouseCoopers (formerly Belling Point), a foreign consulting firm, in 2006. In 2006, he joined PricewaterhouseCoopers (formerly Belling Point), a foreign consulting firm, where he was involved in a wide range of projects, including research and planning of global management strategies and group management systems, system and security audits for financial institutions, support for strengthening internal controls, and support for investor relations and integrated reporting. He has been involved in research and support for digital transformation in Japan and globally.

西野 芙美(にしの ふみ)(株式会社TENGA マーケティング本部 国内マーケティング部 部長)

/ Fumi Nishino, General Manager, Domestic Marketing Department, Marketing Division, TENGA Corporation

西野 芙美

株式会社TENGA マーケティング本部 国内マーケティング部 部長

東京都出身。人材紹介会社、出版社勤務を経て2017年2月に株式会社TENGA入社。TENGAグループが展開するブランドの広報、PR業務を担当し、2021年3月よりTENGA 国内マーケティング部 部長。

<職歴>

2012~2013年 株式会社インテリジェンス

(現:パーソルキャリア)

人材紹介サービスの営業職を担当。

2013年~2017年 株式会社筑摩書房

学生時代に教科書編集部で約3年間アルバイト。正社員として入社後は、宣伝部員として広告計画の策定やクリエイティブの進行管理、販促物のコピーライティングを担当。2016年より販売課兼務となり、書店営業や新書レーベルの商品開発を行う。

2017年~現在 株式会社TENGA

TENGAが展開するブランド「TENGA」「iroha」「TENGAヘルスケア」のPR担当として、メディアリレーション構築やプロモーション企画の立案運営に従事。また「TENGA広報」として情報発信を行う。

カルチャーや医学、社会学の観点から「性」を考える活動を通じ、「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」という同社のビジョンの実現に努める。

広報チームマネジャー、国内コミュニケーショングループマネジャーを経て、現在は国内マーケティング部 部長として国内のPR業務を統括。

<メディア出演>

テレビ東京「おしゃべりオジサンと怒れる女」

テレビ朝日「超人女子とズケ女」

日本テレビ「真夜中の保健室」

NHK「ニュース シブ5時」

Amazon Prime「キコキカク」など

/ Fumi Nishino, General Manager, Domestic Marketing Department, Marketing Division, TENGA Corporation

Born in Tokyo, Japan. After working for a recruiting company and a publishing company, he joined Tenga Corporation in February 2017, where he was in charge of public relations and PR for the Tenga Group's brands, and became General Manager of Tenga's Domestic Marketing Department in March 2021.

<Work Experience>

2012-2013 Intelligence Co.

(Currently: Parsol Career)

Responsible for sales of recruiting services.

2013 - 2017 Chikuma Shobo Co.

Worked part-time in the textbook editorial department for about three years as a student. After joining the company as a full-time employee, she worked as a member of the Advertising Department, where she was in charge of advertising planning, creative progress management, and copywriting for promotional materials. 2016 saw her take on a dual role in the Sales Department, where she was responsible for bookstore sales and product development for the new book label.

2017-present TENGA Inc.

As a PR manager for TENGA's brands TENGA, iroha and TENGA Healthcare, I am engaged in building media relations and planning and managing promotional plans. She also disseminates information as a "TENGA publicist.

Through activities that consider "sex" from the perspectives of culture, medicine and sociology, she strives to realize the company's vision of "changing sex into something that everyone can enjoy, as it should be.

After working as a public relations team manager and a domestic communication group manager, she is now in charge of domestic PR operations as a manager of the domestic marketing department.

<Media Appearance>

TV Tokyo "Chattering Old Man and Angry Woman